vio脱毛の痛みを出来るだけ減らすには

女性は全身脱毛をしなければいけないのでケアが大変ですよね。

その中でもケアが大変なのがvio脱毛です。

今はvio脱毛をサロンで行なう事が一般的になっていますが、心配なのは痛みではないでしょうか。

では、vio脱毛の痛みを少しでも減らす方法を紹介したいと思います。

vio脱毛の痛みを減らすには生理前後は避ける事

これはvioに限ったことではありませんが、基本的に生理前後は肌が敏感になるため、痛みを感じやすくなります。

そのため、施術してもらう時期を自分で調整して生理前後にサロンに行くのを控えると少しは軽減します。

他にも生理前後は肌の免疫力が低下している時期なので脱毛の刺激で肌トラブルを起こしてしまう可能性があります。

そのため、痛みだけではなく、生理前後の脱毛は推奨されていません。
サロンによっては施術できないところもあるので、注意が必要です。

脱毛をするのに一番適しているといわれているのは生理後1週間と言われています。
そのため、きちんと基礎体温を測って身体を管理していくと間違いがありません。

痛みや肌トラブルのためにも生理前後の脱毛は避けるようにしてくださいね。

vio脱毛は体調不良の時は痛みが強くなる

生理前後と同じなのですが、睡眠不足、風邪気味のときは肌が敏感になるため、痛みを感じやすくなります。

もし、予約を入れてしまってから体調不良になってしまったら、キャンセルをしてまた後日あらためて予約を取った方がいいでしょう。

また、仕事をしている人は仕事が忙しくなるとストレスが溜まったり、睡眠不足になったりして体調を崩す可能性が高いので、そういう時はあらかじめ予約を取らないようにしましょう。

施術の予約を入れたら、痛みを出来るだけ抑えるために生活習慣を整え体調が万全な状態で施術に挑めるように調整する事をおすすめします。

体調不良の時はおすすめできないので体調管理をしっかりとしてくださいね。

vio脱毛の痛みを減らすにはサロンがおすすめ

これもvioに限ったことではありませんが、基本的に医療レーザーよりもサロンのフラッシュの方が痛みが少ないです。

医療レーザーは光の出力が強い分、痛みも大きくなります。

ですので、不安がある人はサロンで脱毛をしてもらうと良いでしょう。

しかし、出力が弱い分、サロンの方が回数を多く通わなくてはいけません。

中には痛みが強くても回数が少ない方が良いという人もいるので、自分の好みで選ぶと良いでしょう。

痛みが弱いけど回数が多いサロンのフラッシュか、痛みが強いけど回数が少ない医療レーザーか好みの方を選ぶと良いです。

しかし、大半の人はサロンを選択することが多いので、痛みが苦手な人はサロンをおすすめします。

どうしても不安が強いならカウンセリングで不安を伝えると少しは安心できます。

vio脱毛の痛みは人それぞれなので個人差が大きい

このように、VIO脱毛の痛みを少しでも軽減する方法を紹介しましたが、痛みというのは人それぞれで感じ方も違います。

そのため、痛みが怖かったけど、実際に行ってみたらたいしたことがなかったという人もたくさんいます。

痛みに不安がある人は上記を参考にして出来るだけ痛くないように工夫してみてくださいね。

今から早速調べたいという人は、こちらの口コミや料金で比較できるキレイモ情報サイトで調べてからにしましょう。